インターネットの取引

インターネットの取引 インターネットオークションなどを利用して商品の販売を行うことがありますが、何を扱っているかで古物商の許可を得る必要があるので注意が必要です。
例えば自分で材料を購入してオリジナルの商品を作成し、それを販売しているのであれば、古物は取り扱っていないので許可を得なくても問題ありません。
これに対して転売する目的などで中古の商品を仕入れている場合、その段階で古物商の許可が必要になります。
実店舗であったり、自分で専用のサイトを開設していない場合でも対象になるので注意しましょう。
中古のものであっても、自分で使う目的で購入し、それが不要だったので売却する、という場合は古物にならないので許可は不要です。
これを利用して、無許可で転売していても言い訳できると解説されることがありますが、鵜呑みにするのは危険です。
不定期に少数の商品を販売しているのであれば信憑性は十分にありますが、定期的に大量の商品を販売していれば、否定しても転売目的であることは明白です。

古物商は効率よくオークション出品をするのが便利

古物商は効率よくオークション出品をするのが便利 古物商というと古くて価値のあるものから、様々な中古品を販売するための免許ですが、実際のお店で販売をしている方はもちろんのこと、これからネットで事業展開を始めていこうと思っているなら、オークション形式で参加していくのも悪くはありません。
何故この販売方法が良いのかといえば、その最大限の理由は多くの人に自社の存在や商品の存在を知ってもらえるからです。
例えば何の気無しに参加した人が自社の商品の取扱を気に入ってくれて、再度この出品者から商品を買おうという気持ちになれば、それだけでリピーターとなってくれるので、古物商の事業もスムーズに行きます。

限られた人の目にだけつく販売店ではなく、ネットを活用したオークションならば競売感覚で売却を進められるので、思わぬ居創立になり高値となることもあります。
ぜひ古物商の方でECサイトで出店するなら、まずはこの販売形式をためしてみて、インターネット上での商品需要の調査をしましょう。